トップ > 脱毛の知識 > 光脱毛とレーザー脱毛の仕組みや違いについて

光脱毛とレーザー脱毛の仕組みや違いについて

脱毛の方法にはいくつかの種類がありますが、今最も人気が高いのは光脱毛です。そして光脱毛についで人気なのがレーザー脱毛です。光脱毛とレーザー脱毛は仕組みが似ていますが幾つかの点で違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。それではそれぞれの脱毛方法について詳しく説明したいと思います。

光脱毛の特徴

光脱毛はその名の通り光を使って脱毛する方法で、フラッシュと呼ばれることもあります。 脱毛したい部分に光を照射すると、無駄毛に当たった光が熱エネルギーへと変わり、それが毛根を変性させることで無駄毛を無くします。 昔は脱毛というと電気脱毛が主流で痛いというイメージがありましたが、光脱毛では痛みがほとんどありません。 せいぜいゴムをパチンと弾く程度の痛みと言われています。

料金も電気脱毛と比較するとかなり安くなっています。以前は電気脱毛をすると100万円以上もかかることもあり、脱毛はお金持ちしがするものというイメージがありました。電気脱毛においては無駄毛を1本ずつ抜いていくので時間がかかり、その結果として価格も高いのです。 しかし光脱毛の登場により、かなり安く脱毛することが可能となりました。 なぜそんなに安くなったかというと、光脱毛は一度に広い範囲を処理できるからです。最新の脱毛機を導入しているサロンだと全身脱毛でも1時間程度という短時間で処理ができます。このように短時間で処理が終わるので価格も安くすることが可能なのです。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は光脱毛と同じように光を当てて脱毛します。光脱毛と違う点は、照射する光が強いことです。 強い光を使用するので脱毛効果が高くなりますが、その分痛みも強くなります。 そのような強い光を使うため肌トラブルが起きる可能性もあるので、レーザー脱毛は医療機関(美容クリニックや美容外科など)でしか受けることができません。

レーザー脱毛は痛みが強く、人によっては我慢できないほどの痛みを感じることもあります。そのため、美容クリニックによっては麻酔を使用して痛みを抑えてから脱毛することもあります。レーザー脱毛をしたいけど痛いのは嫌だなという方はそのように麻酔を使用するクリニックを選ぶと良いでしょう。

毛周期について

光脱毛とレーザー脱毛は一度施術をするだけで脱毛が完了するわけではありません。 一度施術をすると数日すると無駄毛が抜けてきますが、時間が経過すると再び毛が生えてきます。 これは毛周期に関係しています。

毛周期というのは成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返す毛のサイクルのことを言います。 人の体にある毛根は毛周期に沿って毛が生えたり抜け落ちたりを繰り返しています。 このなかで休止期というのは毛が抜け落ちて、毛根が休んでいる状態です。 全ての毛根は毛周期にズレがあるので、今見えている毛よりも休止期として眠っている毛根の方が多くなっています。

光脱毛とレーザー脱毛では成長初期と成長期の毛(毛根)にだけ効果があります。 そのため、施術したときに退行期だったり休止期だった毛根には影響しません。 毛周期が経過すると施術時に退行期や休止期だった毛根から毛が生えてくるのです。 そして新たに毛が生え揃ってきたら再び施術をすることでまた脱毛効果がでます。 毛周期が経過するたびに何度か施術をすることで全ての毛根を処理することができます。 全ての毛根を処理したら脱毛が完了です。

脱毛の方法にはいくつかの種類がありますが、今最も人気が高いのは光脱毛です。そして光脱毛についで人気なのがレーザー脱毛です。光脱毛とレーザー脱毛は仕組みが似てい